細かい所は、、、眼鏡があわないと

そろそろ眼鏡を👓を変えないと…どうも手元が見えていなく線が二重に見えるそうです。

確かに細くなればなるほどピントが合っていないと描くのも辛いですよね。

「感謝」という時は、他の作品でも書いてきているので、どんどん思っているように描けるようになってきて嬉しいと仰ってました。

あとは、お地蔵様をもう少し上手く描けるようになりたいので、お地蔵様のお題をお願いしますってオーダーをいただきました(^^)

最近は、プライベートレッスンが多いのですが、それぞれのご要望にお応えできるので楽しいです♫

ちょっとした筆遣いのコツや描く時にどこをポイントに見て描いたら良いのか?綺麗に見せるコツ!などなどかなり細くお伝えするとお題と同じように仕上がっていき喜んでいただけます。

しかし、やはり、完成度がお題に近いとは言えども、作品には個々の個性が所とごろと出てくるのが己書です。

そして、20回ほどの回数を受けられてくると、今後の課題も見えてくるようです!

かなりの上達ですよね〜〜‼︎
楽しいく描いていると上達もはやいと思います♫♫♫

書は、心を映し出しますね♡

己書 英那道場

己書(おのれしょ)とは・・・ 読んで字のごとく”己の字”と書きます。 つまり自分スタイルの文字なのです。 字が下手でも大丈夫!絵心がなくても大丈夫! 世界にたった1つだけの書画作品が 90分の幸座で出来上がります♪ 皆様、ご一緒に楽しく筆を走らせてみませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000